◆
◆ ◆      あなたの町のハザードマップ メールマガジン
 ◆ ◆
◆ ◆               vol.4
 ◆
◆              2007年10月1日発行
       http://www1.gsi.go.jp/geowww/disapotal/index.html
-------------------------------------------------------------------------------------------------
    ※国土交通省がお届けするハザードマップのメールマガジンです。
     (河川局、都市・地域整備局、港湾局、国土地理院地理調査部)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
●ご挨拶
 本ポータルサイトは、「ハザードマップ実態調査(平成19年2月実施)」以降全国の市町村からご連絡があったハザードマップ公表状況により9月4日更新しました。その後、台風9号、台風11号及び前線による大雨により各地に大きな被害が発生する中で、本ポータルサイトの閲覧件数が増加しておりました。災害の備えとして避難用品を用意しておくだけでは十分とは言えません。自分が住んでいる地域のハザードマップを確認しておくことも大切です。
現在、本ポータルサイトでは7種類のハザードマップが閲覧できます。「あなたの町のハザードマップを見る」から地域を絞っていくと市町村別地図が表示されます。デフォルトで表示されるのは洪水ハザードマップになります。ここでは、インターネットで閲覧できる自治体を青色、役所に行けば見られるがインターネットでは閲覧不可の自治体は水色、作成または公表していない自治体は白色で表示されています。水色の自治体が青色になり、全ての自治体のハザードマップが本ポータルサイトで一元的に閲覧できるようになるのが望ましいことです。
 引き続き、全国の市町村の皆様のご協力を得ながら、更新・追加を実施し、最新の公表状況となるよう努めてまいります。

●今回の主な情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○ハザードマップ関係部局からのお知らせ

______________________________________
▼▼ インフォメーション             
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆洪水ハザードマップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 (河川局治水課より)
○本ポータルサイトを公開し約5ヶ月、確実にアクセス数が増加しております。
特に台風9号通過中の9月4日(火)(9時~17時)のアクセス数は約3,000にもなり、やはり、洪水時には、皆さん自分の市町村のHMを参考にしていることがわかります。洪水ハザードマップの作成中、未作成の市町村につきましては、少しでも早い作成及び公表をお願いします。
◇洪水ハザードマップ作成で困ったら、お近くの相談室にご連絡ください!!
全国の河川担当事務所に「災害情報復旧支援室」を平成16年度より設置し、洪水ハザードマップに関する相談を受け付けておりますので、お近くの河川担当事務所に気軽にご相談ください。
◇最新の公表状況(平成19年6月30日現在)は、こちらから
・浸水想定区域図及び洪水ハザードマップ公表状況
→http://www.mlit.go.jp/river/saigai/tisiki/syozaiti/index.html
・浸水想定区域図の指定・公表状況一覧
→http://www.mlit.go.jp/river/saigai/tisiki/syozaiti/index.html
・洪水ハザードマップの公表状況一覧
→http://www.mlit.go.jp/river/saigai/tisiki/syozaiti/index.html

◆宅地ハザードマップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 (都市・地域整備局都市計画課より)
○宅地ハザードマップを公開します。ご覧ください。
宅地ハザードマップは、大地震により大規模盛土造成地が地すべり的変動(滑動崩落)を生じる等、宅地造成に伴う災害に対する住民の理解を深め、宅地造成に伴う災害の防止のため必要な規制を行うことを目的として作成し、公表・活用するものです。

◆内水ハザードマップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 (都市・地域整備局下水道部流域管理官付より)
○国土交通省都市・地域整備局下水道部では、都市内の局所的大雨により引き起こる内水による浸水被害へのソフト対策支援のため「内水ハザードマップ作成の手引き(案)」を作成、公表しています。
・詳しくはこちらから
http://www.mlit.go.jp/crd/city/sewerage/gyosei/sinsui.html
○内水ハザードマップを作成している66自治体に対し、効果事例等のアンケートを実施したところ、38自治体からマップ作成による効果があったとの回答がありました。
効果の具体的な内容は以下に示すとおりです。
 ・市民の防災意識の高揚に繋がった            24
 ・大雨時の点検箇所が明確になり、パトロールに役立った   7
 ・浸水対策の必要箇所が明確化した             5
 ・その他(具体事例はまだないが、問い合わせは多い等)   5
 ―――――――――――――――――――――――――――――――
                       計     41
                         ※重複回答を含む
 次回以降、効果的な事例についてご紹介していく予定です。

◆土砂災害ハザードマップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 (河川局砂防部砂防計画課より)
○国土交通省河川局砂防部では、土砂災害に関する情報、土砂災害防止に関する取り組み状況を随時公開しています。
・詳しくはこちらから
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/index.html

◆火山ハザードマップ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 (河川局砂防部砂防計画課より)
○国土交通省河川局砂防部では火山災害に関する情報を公開しています。
・詳しくはこちらから
http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link03051.htm

◆防災地理情報   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○
 (国土地理院地理調査部より)
○国土地理院は、関連機関との共催により10月18日(木)から21日(日)までの期間、富山県民会館において剱岳測量100年を記念して「地図展2007 in富山」を開催します。この中で、能登半島地震関連資料や防災関連地図等を防災コーナーで紹介します。(入場無料)
 ・詳しくはこちらから
http://www.gsi.go.jp/LOCAL/hokuriku/100syuunen/chizuten_gaiyou.html
○国土地理院では、自然災害に関する国土地理院の対応、ハザードマップ基礎情報などを防災関連のページで公開しています。土地条件図、都市圏活断層図、火山基本図などを利用する場合は防災地理課までご連絡下さい。
・詳しくはこちらから
http://www.gsi.go.jp/bousai.html
***********************************************************************
            ■◇お問い合わせについて◇■
 「あなたの町のハザードマップ」メールマガジンに対するお問い合わせ、ご感想などは
 こちらまで。
        国土交通省国土地理院地理調査部防災地理課 防災グループ
         〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番
               ℡:029-864-6914
               Fax:029-864-1804
               E-mail:portal■gsi.go.jp(■は@にしてください。)
***********************************************************************