<よくある質問(FAQ)>

よくお問合せいただくご質問にQ&A形式にてご案内しています(※Q&Aは随時追加していきます)。

<ハザードマップポータルサイト全般について>


ハザードマップポータルサイトのリンク及びバナーを個人や企業のHP等に掲載する場合の利用手続を教えてください。
当サイトのリンク及びバナーの掲載にあたり申請等は必要ありません。ご自由にお使い下さい。


ハザードマップポータルサイトのコンテンツを利用する場合の利用規約を教えてください。
ハザードマップポータルサイトの利用規約は”こちらのページ”をご覧ください。
(※ハザードマップポータルサイトのトップページを本サイトのイメージ画像としてご利用いただく場合は、申請等は必要ありません。なお、ご利用にあたっては「出典:ハザードマップポータルサイト」等の出典の明示をお願いいたします。)


宅地建物取引業者が重要事項説明をする際に、ハザードマップポータルサイトに掲載されている情報を水防法に基づく水害ハザードマップとして使用できますか。
「わがまちハザードマップ」には、市町村のハザードマップのリンクが掲載されています。これらハザードマップが水防法に基づく水害(洪水・雨水出水(内水)・高潮)ハザードマップに該当するか否かについては、ハザードマップ毎に異なる場合がありますので、不明な場合には各市町村までお問い合わせください。また、「わがまちハザードマップ」からリンク先をご確認いただけない場合にも、各市町村にお問い合わせください。
また、「重ねるハザードマップ」に掲載している情報は、国や都道府県等の関係各機関が作成した災害リスク情報であり、水防法に基づき市町村が作成した水害ハザードマップではありません。重要事項説明の際には必ず市町村の作成した水害ハザードマップをご利用ください。


<「重ねるハザードマップ」ついて>


「重ねるハザードマップ」の使い方がわかりません。
こちら”の操作マニュアルをご参照下さい。


「重ねるハザードマップ」に掲載しているデータの出典を教えてください。
「重ねるハザードマップ」で使用しているデータの出典は”こちらのページ”をご覧ください。


「重ねるハザードマップ」に掲載しているデータの配信はしていますか。
「重ねるハザードマップ」で使用しているデータの配信については”こちらのページ”をご覧ください。


「想定最大規模」と「計画規模」の違いを教えてください。
「想定最大規模」の降雨規模は1000年に1 回程度を想定しています。1000 年毎に1回発生する周期的な降雨ではなく、1年の間に発生する確率が 1/1000(0.1%)以下の降雨です。毎年の発生確率は小さいですが、規模の大きな降雨であることを示しています。
「計画規模」の降雨規模は10~100年に1回程度を想定しています。詳しくは以下のページをご覧ください。

浸水想定(洪水、内水)の作成等のための想定最大外力の設定手法
洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版)


「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」と「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」の違いを教えてください。
「重ねるハザードマップ」に掲載されている「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」は、平成27年の水防法改正後の「洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4版)」に基づき作成されたデータであり、「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」は水防法改正前の「浸水想定区域図作成マニュアル」に基づき作成されたものです。「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」と「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」では、データ作成時点、掲載河川が異なりますので、詳細は下記の「重ねるハザードマップ」のデータに関する利用規約のページよりご確認ください。

(参考)「重ねるハザードマップ」のデータに関する利用規約

同一河川が「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」及び「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」の両方に掲載されている場合は、「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」のデータを参照してください。「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」のデータでは解析メッシュの詳細化や解析手法の改善等が行われたため、同一河川においても「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」と洪水浸水想定区域が異なっています。


洪水や津波の浸水想定のシミュレーション条件を教えてください。
こちらのページ”に記載されている各データの作成者にお問い合わせください。


「重ねるハザードマップ」の印刷の方法を教えてください。
ハザードマップポータルサイトでは印刷機能を用意しています。画面右上「その他のメニュー」アイコンの印刷機能(現在表示している地図の印刷)および「リスクをまとめて調べる」の印刷機能(その地点の複数の災害リスク情報の印刷)の2種類用意しています。詳細は”重ねるハザードマップ操作マニュアル”をご確認下さい。


ため池決壊による浸水想定区域について詳しく教えてください。
同データの詳細については農林水産省までお問い合わせください。
お問い合わせ先:農林水産省農村振興局防災課 TEL:03-6744-2210


「リスクをまとめて調べる機能」および「ポップアップ機能」の洪水浸水想定区域(想定最大規模)が表示されません。
「リスクをまとめて調べる機能」および「ポップアップ機能」の洪水浸水想定区域(想定最大規模)は、現在、国管理河川のみ対応しており、都道府県管理河川については非対応となっております(国管理河川においても、富山県と愛知県の一部地域で非対応となっております)。
ご不便をおかけして申し訳ございません。


<「わがまちハザードマップ」について>


「わがまちハザードマップ」のリンク切れを見つけました。
「わがまちハザードマップ」にリンク切れを見つけた場合は、gsi-portal@gxb.mlit.go.jpまでご連絡をお願いします。その際、ハザードマップの種類(洪水、土砂等)及び当該市町村名をご教示ください。なお、ハザードマップを作成している市町村の担当者におかれましては、”こちらのページ”よりリンク修正の申請をお願いします。

「わがまちハザードマップ」のリンク先をダウンロードすることはできますか。
「わがまちハザードマップ」のリンク先は”こちらのページ”からCSV形式でダウンロードできます。


上記以外にご質問がございましたら、「お問い合わせフォーム」からお願いします(お問い合わせ窓口:国土交通省 国土地理院 応用地理部 地理情報処理課)。