<よくある質問(FAQ)一覧>

ハザードマップポータルサイト全般について
「重ねるハザードマップ」について
「わがまちハザードマップ」について

<ハザードマップポータルサイト全般について>


ハザードマップポータルサイトのリンク及びバナーを個人や企業のHP等に掲載する場合の利用手続を教えてください。
当サイトのリンク及びバナーの掲載にあたり申請等は必要ありません。ご自由にお使い下さい。


ハザードマップポータルサイトのコンテンツを利用する場合の利用規約を教えてください。
ハザードマップポータルサイトの内、重ねるハザードマップおよび重ねるハザードマップに掲載する災害リスク情報以外のコンテンツについては、申請不要でご利用いただけます。(なお、ご利用にあたっては「出典:ハザードマップポータルサイト」等の出典の明示をお願いいたします。)
重ねるハザードマップおよび重ねるハザードマップに掲載する災害リスク情報については、”こちらのQ&A”をご覧ください。


宅地建物取引業者が重要事項説明をする際に、ハザードマップポータルサイトに掲載されている情報を水防法に基づく水害ハザードマップとして使用できますか。
「わがまちハザードマップ」には、市町村のハザードマップのリンクが掲載されています。これらハザードマップが水防法に基づく水害(洪水・雨水出水(内水)・高潮)ハザードマップに該当するか否かについては、ハザードマップ毎に異なる場合がありますので、不明な場合には各市町村までお問い合わせください。また、「わがまちハザードマップ」からリンク先をご確認いただけない場合にも、各市町村にお問い合わせください。
また、「重ねるハザードマップ」に掲載している情報は、国や都道府県等の関係各機関が作成した災害リスク情報であり、水防法に基づき市町村が作成した水害ハザードマップではありません。重要事項説明の際には必ず市町村の作成した水害ハザードマップをご利用ください。


<「重ねるハザードマップ」について>


「重ねるハザードマップ」の使い方がわかりません。
こちら”の操作マニュアルをご参照下さい。


「重ねるハザードマップ」に掲載しているデータの出典を教えてください。
「重ねるハザードマップ」で使用しているデータの出典は”こちらのページ”をご覧ください。


「重ねるハザードマップ」に掲載しているデータの配信はしていますか。
「重ねるハザードマップ」で使用しているデータの配信については”こちらのページ”をご覧ください。


「重ねるハザードマップ」の画面やデータを引用したいです。
基本的には「出典:ハザードマップポータルサイト」と記載していただければ掲載いただけます。
ただし、以下の項目はオープンデータとなっておりませんので、画像に表示される際には、以下の利用規約ページに記載されている出典元へお問い合わせいただく必要がございます。

・洪水浸水想定区域関連の情報の内、岡山県が管理する河川のもの
・ため池決壊による浸水想定区域・津波浸水想定の内、オープンデータとなっていない都道府県のもの
・大規模盛土造成地・地形区分に基づく液状化の発生傾向図
・都道府県液状化危険度分布図

オープンデータの状況や掲載状況は以下よりご確認いただけます。
データ配信・提供(オープンデータ一覧)
利用規約(出典および掲載状況)

(メディア関係者の方へ)
ハザードマップポータルサイトを引用される際は、以下についてメールにてgsi-portal+2■gxb.mlit.go.jp(■は@にしてください。)にご連絡いただけますと幸いです。今後のサイト運営の参考に致しますので、ご協力お願い致します。
・引用する画像またはデータ
・用途
・公開時期



「想定最大規模」と「計画規模」の違いを教えてください。
「想定最大規模」の降雨規模は1000年に1 回程度を想定しています。1000 年毎に1回発生する周期的な降雨ではなく、1年の間に発生する確率が 1/1000(0.1%)以下の降雨です。毎年の発生確率は小さいですが、規模の大きな降雨であることを示しています。
「計画規模」の降雨規模は10~100年に1回程度を想定しています。詳しくは以下のページをご覧ください。

浸水想定(洪水、内水)の作成等のための想定最大外力の設定手法
洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4 版)


洪水の計画規模では現在の凡例と昔の凡例の両方が掲載されています。なぜですか。
旧凡例のデータは、現在の凡例でデータが整備されるまで、参考情報としていただけるよう掲載しています。
現在の凡例が整備されたものは、旧凡例での掲載を取り下げています。
(参考)旧凡例と新凡例の違い(pdf)


「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」と「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」の違いは何ですか。
「重ねるハザードマップ」に掲載されている「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」は、平成27年の水防法改正後の「洪水浸水想定区域図作成マニュアル(第4版)」に基づき作成されたデータであり、「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」は水防法改正前の「浸水想定区域図作成マニュアル」に基づき作成されたものです。「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」と「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」では、データ作成時点、掲載河川が異なりますので、詳細は下記の「重ねるハザードマップ」のデータに関する利用規約のページよりご確認ください。

(参考)「重ねるハザードマップ」のデータに関する利用規約

同一河川が「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」及び「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」の両方に掲載されている場合は、「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」のデータを参照してください。「洪水浸水想定区域(計画規模(現在の凡例))」のデータでは解析メッシュの詳細化や解析手法の改善等が行われたため、同一河川においても「洪水浸水想定区域(計画規模(旧凡例))」と洪水浸水想定区域が異なっています。


洪水や津波の浸水想定のシミュレーション条件を教えてください。
こちらのページ”に記載されている各データの作成者にお問い合わせください。


「浸水の深さ」は、「海水面」と「地盤高」のどちらからの深さでしょうか。
予想される浸水深は、各地点のおおよその地面の高さ(地盤高)からの浸水の深さを表しています。
地盤高の調査方法に関しましては、以下をご覧ください。
2.2. 対象とする浸水範囲における地盤高等の調査(洪水浸水想定区域作成マニュアル)

(参考)地盤高の基準については、東京湾平均海面(T.P.)を基準にしております。
国土地理院HP(高さの基準)


自宅と隣接した場所において、敷地の地盤高に差がないように感じるのに、浸水深が自宅と数メートル異なるのは、なぜでしょうか?
地図上に表現される浸水深は、計算の基となる土地の地盤高(標高)と、浸水解析そのもの、それぞれに誤差が含まれているものです。誤差が累積しますと、検索する地点によっては、隣接地間で2m以上の比較的大きな浸水深の差として表示される場合がございます。
重ねるハザードマップは、市区町村が提供するハザードマップとともに、周辺の災害リスクを面的に把握しやすくすることを目的としたツールです。日頃からの防災・避難計画の情報の1つとしてご活用ください。
 (なお、浸水想定区域図のデータの詳細につきましては、各データの出典元へお問合せください。)


複数の河川の洪水で浸水が予想される地点の場合、浸水深はどの河川のものを表示していますか。
河川の管理区分や大きさに関わらず、予想される浸水深の最も大きい河川の浸水深を表示しています。


洪水シミュレーション時に設定している具体的な降雨量が知りたい。
申し訳ございませんが、ハザードマップポータルサイトでは洪水浸水想定区域の指定の前提となる降雨を掲載しておりません。各河川管理者が公表している洪水浸水想定区域図に記載がありますのでそちらをご確認ください。


「重ねるハザードマップ」の印刷の方法を教えてください。
ハザードマップポータルサイトでは印刷機能を用意しています。画面右上「その他のメニュー」アイコンの印刷機能(現在表示している地図の印刷)および「リスクをまとめて調べる」の印刷機能(その地点の複数の災害リスク情報の印刷)の2種類用意しています。詳細は”重ねるハザードマップ操作マニュアル”をご確認下さい。


ため池決壊による浸水想定区域について詳しく教えてください。
同データの詳細については農林水産省までお問い合わせください。
お問い合わせ先:農林水産省農村振興局防災課 TEL:03-6744-2210


表示がうまくいかない・機能が動作しない。
重ねるハザードマップの機能が正しく表示されない場合、ブラウザのキャッシュを削除することで解消する可能性があります。

キャッシュの削除でも問題が解決しない場合、お手数ですが、不具合の詳細についてお問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。お問い合わせの際は、正しく表示されない場所(経緯度や住所)と災害リスク情報、もしくは画面のURL欄をコピーしてお知らせいただけますと、調査の参考となります。


「リスクをまとめて調べる機能」および「ポップアップ機能」の洪水浸水想定区域(想定最大規模)が表示されません。
「リスクをまとめて調べる機能」および「ポップアップ機能」の洪水浸水想定区域(想定最大規模)は、現在、国管理河川のみ対応しており、都道府県管理河川については非対応となっております(国管理河川においても、富山県と愛知県の一部地域及び渡良瀬川の一部で非対応となっております)。
ご不便をおかけして申し訳ございません。


作図した情報をURLで共有できますか。
申し訳ございませんが、URLでは選択中の情報や中心位置等しか共有いただけません。作図した情報を共有されたい場合には、以下のどちらかの方法をお試しください。
・重ねるハザードマップ画面左側の「その他メニュー」>「共有」>「名前を付けて一時保存」で保存したhtmlファイルを共有
・重ねるハザードマップ画面左側の「作図機能」>「選択している情報をまとめて保存」で保存したKMLファイルもしくはGeojsonファイルを共有


<「わがまちハザードマップ」について>


「わがまちハザードマップ」のリンク切れを見つけました。
「わがまちハザードマップ」にリンク切れを見つけた場合は、gsi-portal+2■gxb.mlit.go.jp(■は@にしてください。)までご連絡をお願いします。その際、ハザードマップの種類(洪水、土砂等)及び当該市町村名をご教示ください。なお、ハザードマップを作成している市町村の担当者におかれましては、”こちらのページ”よりリンク修正の申請をお願いします。

「わがまちハザードマップ」のリンク先をダウンロードすることはできますか。
「わがまちハザードマップ」のリンク先は”こちらのページ”からCSV形式でダウンロードできます。


「重ねるハザードマップ」「わがまちハザードマップ」は、関係各機関が作成した災害リスク情報などの防災情報を、まとめて閲覧できるようにしたWebサイトです。掲載されているデータの内容や、リスク情報の解釈等については、作成した機関にお問合せください。なお、作成機関についてはこちらでデータ種類ごとにご確認できます。上記(FAQ含む)以外で本サイトの操作方法や画像・オープンデータの使用に関するご質問がございましたら、「お問い合わせフォーム」からお願いします(お問い合わせ窓口:国土交通省 国土地理院 応用地理部 地理情報処理課)。